京都府京都市引越し探検隊!一番安い業者は?見積もりの料金相場はどの位?

京都府京都市の小学校転校手続きについて

2016年10月04日 11時21分

引っ越しが確定した場合、子どもがいるなら転校手続きが必要となります。この手続きというのが、いろいろと走り回らなければならないうえ、必要書類も煩雑で困ることも多数出てくると思います。急遽決まった引越しの場合、新居の住所が決まっていないケースもありそうですが、大事なポイントを抑えれば円滑に転校手続きをとることができますよ。このページでは、実際に子供を転校させた管理人が、時系列順に手続きのポイントをまとめています。小学校の転校手続きQ&Aわけあって、転校先の新しい住まいがまだ決定していません。転校の手続き等は進められるでしょうか。A.転校とはやむを得ずすることもありますし、特別に認められることがあります。例を挙げると、DVやストーカーの被害で転居したいが、まだ確定した住所は決められない場合です。特例が認可されています。悩まずに相談してください。他にも、特認校というような小規模校があります。学区外の住まいからでも通学できる体制となっています。Q.転校の手続きをするにあたって、それぞれの学校や教育委員会に子供も同席させたほうがいいのですか?前の学校には保護者だけで連絡を取り、必要書類の記入等済ませましょう。どの時期に、転校のことを他の児童に言うかなど、先生と相談が必要ですので、子どもの前だと相談しづらいこともあります。逆に転校先では先生も子どもも、どんな人なのかお互いに気になるでしょうから、一緒にいきましょう。ただし何か相談事があれば先生にお伺いし、事前にあいましょう。Q.公立小学校→私立へは転校することは可能?A.転校はできますが、多くの私立の方が勉強の進捗状況が可能性があります。転校してからキチンとした現状把握は必須になります。急な事情にはしょうがないですが、特に区外等への転校の場合、転校の手続きには数日必要になることでしょう。注意した方がいいのが両親とも働いている家庭の場合、必要な手続きが休みにしかできないため、「続きはまた次の休みに」ということもあり、なかなか進まない事あるようです。新居に引っ越す1週間前に転出届を出し、転居後は2週間のうちに転入届、そしてその時に小学校の手続きもやってしまわないといけません…!学校道具をチェックして買ったり、時間がいくらあっても足りなくなりそうなので、できれば、小学校が夏休みなどのタイミングで引っ越すのがベストだと思います。夏や春、冬休み中にゆっくり焦らず手続きを済ませながらお子さんの様子をよく見て、ケア、フォローをする事が大切かと思います。